HG

【運命の翼】HG1/144 デスティニーガンダム【作ってみた】

 こんにちはー!!くまでーす!!本日ご紹介するプラモは・・・これだ!!「HG1/144スケール デスティニーガンダム」だ!!

 デスティニーガンダムは「機動戦士ガンダムSEED destiny」の後半に登場するガンダムでして、パイロットは主人公である「シン・アスカ」です。

 機体とパイロットの詳細はこんな感じです。

  • 型式番号:ZGMFーX42S
  • 全長:18.08m
  • 重量:79.44t
  • パイロット:シン・アスカ

  上記の表を見て「あれ?」と思った方もいらっしゃいますと思いますが、「SEED系」のガンダムは数値がものすごく細かく書かれているのが特徴です。

 このガンダムを組んで見ての感想ですが「最高」でしたし「楽しかった」ですが、少し苦戦するところもありました。それでは早速レビューにいきましょう!!

本体の全体及び稼働範囲

 本体の全体図はこんな感じです。

 背部の赤いウィングがすごく目立ってますね。このウィングにはあるギミックが搭載されております。それは後ほど紹介します。

 続いては背面を見ていきましょう。

 背中に折り畳まれてる武装が見えますね。これはデスティニーのメインウェポンと言っても過言ではない武器です。

 緑のは「高エネルギービーム砲」、青いのは「アロンダイト」です。ちなみに、SEED系の武器はめちゃくちゃ長ったらしい名前でして、正式名称がアホみたいに長いのが特徴です。

 ビームライフルとシールド を持たせてみました。

 もうこの状態でもめっちゃかっこいいやん・・・

 そして顔のアップです。デスティニーは他のガンダムとは違う特徴がございまして、なんと「目の下に血涙」のようなディテールが施されております。

 続いては稼働範囲を見ていきましょう。

 まずは上半身から。最新のキットだけあってすごく動きます。

 下半身の方ですとサイドスカートアーマーが干渉して足をあまり開くことができません。

 また、デスティニーの足の付け根の部分を下にスライドすると、稼働範囲が広がるギミックも設けられております。

 ウィングユニットは前後に多少振れる感じです。

 そして私個人がすごくびっくりしたのがデスティニーの前腕部分にロール軸が設けられており、そこから回転させることもできることにはびっくりしました。

アクション

 続いては様々なポーズを見ていきましょう。レッツあくしょ〜ん。

 空を飛んでるイメージで。

 名無し砲を構えてポージング。

 手の甲にはなんとビームシールドが!!

 パルマフィオキーナを構えて。これはなんだか暗器みたいでかっこいいです。

 ちなみにかつては「デスティニーフィンガー」などと呼ばれていたりもしました。

 ビームブーメランを投げるイメージで。

 なお劇中未登場ですがビームサーベルにもなる設定があります。

 アロンダイトを構えて。

 見切れてますがデスティニーの特徴であるビームウィング展開!!なお展開するとかなり横幅あります。

 突っ込んで・・・切る!!

 私個人一番気に入ってるポーズでシメ!!

まとめ

 私個人としてこの「デスティニーガンダム」は大変満足のいく1品となりました。

 デスティニーガンダム自体キット化される際かなり恵まれてるガンダムでして、色々とポージングをさせるのが本当に楽しいです。

 あと、色々なデスティニーを作ってきたのですが、正直これは「歴代最高傑作」とも言っても過言ではないキットだと私は思いました。

 ぜひ「気になるなぁ・・・」と思った方はこの際ですからゲットしてみてください。

それではまた次回にお会いしましょう!!ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。
  • おすすめの投稿がありません
Amazon