釣り

釣りをしてきて食べて美味しかった魚ベスト5

 こんにちはー!!くまでーす!!さて、本日は「釣りをしてきて食べて美味しかった魚ベスト5」をあげます!!では早速いきましょう。

5位.アジ

 まず第5位に入ったのは食卓の味方である「アジ」です。

 アジは買うか釣るかで美味しさが変わる魚と言っても過言ではありません。

 まずアジですが、市場で回るものは大体は開きか干物でしかスーパーで見かけませんが、もしあなたが仮に「新鮮なアジ」を求めるならどうしますか?私でしたら釣りをして食します。

 それぐらい価値のある魚だと私は感じております。

第4位.スチールヘッド(ニジマス)

 そして第4位に入ったのは淡水魚である「スチールヘッドことニジマス」です。

 この魚は本当に美味しい魚です。刺身にしてもよし、フライにしてもよし、塩漬けして焼いてもよし、と至れり尽くせりな魚です。

 シーズンによっては、卵を内包してる時もありますので、その卵を「いくら丼」にして食べるのもよしです。

 今回第4位に入ったのは私個人として本当に美味しかった魚ですし、鮭と同じ感覚で食べられるのもグッドです。

番外編.サバ

 続いて3位・・・と行きたいところですが、ここで番外編でサバを入れました。まずサバですが、味噌煮にするのもよし、塩漬けにして食べるのもよしときた魚でございます。

 それに加え、サバは青魚ですのでDHAを豊富に含んでおり、栄養面も高い魚です。

 ただし、注意点として、サバは大変傷みやすい魚ですので、釣り上げたサバでもできるだけ生食は控えてください。

 理由としましては、人によってはアレルギーがありますし、それに加え、食あたりを起こし下痢などの症状が見られます。

3位.タチウオ

 そして見事第3位にランクインしたのは「タチウオ」です。この魚は身が淡白で、しかもソテーにすると身がフワフワして本当に美味しい魚です。

 ソテー以外にも刺身にしたり、寿司にして食べるのもよしな魚です。

 なお、ソテーで食べる際の注意点としては、骨が少々気になります。骨が「なんか気になるなぁ」と思う方は骨をとって食すのが良いでしょう。

第2位.アマダイ

 そして、見事第2位にランクインしたのは「アマダイ」です。

このアマダイは、別名「砂の女王」と呼ばれ、豊洲市場では1匹1万もする高級魚となっております。

 このアマダイの食し方は、刺身・煮付け・塩焼き・酒蒸しなどと言った和風料理はもちろん、バターソテー・ムニエル・カルパッチョといった洋風料理も大変美味です。

 なおアマダイは普段は水深100メートル以上に住んでおりますので、釣りに行く際は「電動リール」を持ってくほうが良いでしょう。そうでもしないと翌日腕が死にます。

第1位.オニカサゴ

 そして、見事栄光ある1位に輝いたのは「オニカサゴ」です。このオニカサゴはまずほとんどと言っていいほど市場には出回りません。なぜなら、水深が深いところにいて、かつ、岩礁地帯に住んでいるので漁での捕獲が大変難しい魚となっております。

 そしてこのオニカサゴは、刺身・煮付け・フライ・ムニエル・ソテーなどと言った料理にすると美味しいです。

そして、注意ですが、オニカサゴを釣り上げたら絶対に「トゲ」に触らないで下さい。

 もし触ったらもれなく触った部分のところからしばらく「麻痺」します。現に私はかつて「トゲ」に触り、そのような症状に至りました。

以上で私的「釣り上げた魚で美味しかった魚ベスト5」でした。また次回お会いしましょう!!ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。