船釣り

船釣りのススメ

こんにちはー!!くまでーす!!

さて、釣りを始めたいそこの貴方、船釣りしようと考えていませんか?

船釣りかぁ・・・今から始めたいけど一体何を用意すればいいんだ?そして初心者でも釣りやすい魚はなんなんだ?

こう言ったお悩みを「船釣り歴10年」の私が全て解決していきます。

それでは行ってみましょう。

はじめに

まず始めに「船釣り」ですが、結論から言いますと初心者に「おすすめ」出来る釣りとなっております。

私的に船釣りをおすすめできる方は
  • とにかく魚を釣りたい
  • 大物を狙いたい
  • 美味しい魚を釣って食べたい
こう言った方々に向いてます。
逆に向いてない方は。
  • 釣るだけでいいや
  • 釣り以外色々やりたい
  • とにかく歩き回りたい
このように思ってる方は船釣りには向いてないです。
それでは早速解説に移りましょう。

初心者におすすめ

続いて、「初心者におすすめ」の船釣りコースですが、結論としては「半日アジ」のコースをお勧めします。

理由としては
  • 船釣りデビューにもってこい
  • 初心者でも魚は釣れる
  • 最初はお手軽でいい
このようなメリットが挙げられます。
なお、最初から「俺は1日船釣りするぜ!!」と言う方は是非「1日コース」を選択してください。

準備するもの

そして、準備するものですが、基本的に「お金」だけあればなんとかなります。

理由としましては、船宿で基本的に、簡単ではありますが「釣竿・リール・クーラーボックス」等が置かれている船宿がありますので。

もし、船釣りを「自前の道具」でやりたい場合ですが、最低でも「5万円」分の道具が必要になります。

ではそれぞれの解説に移りましょう。

お金

もう前述でほぼほぼ説明したのですが、まずは「お金」ですね。

船釣りは当然ですが「船代」がかかります。

料金としては安いところでも1万行くかぐらいですので持っていくとしましたらレンタル料金も含めて大体「2万」ぐらいがベストでしょう。

以降、全ては任意によるものです。

ご参考になれば何よりです。

釣竿

まずは釣竿です。

こちらの釣竿は私も愛用してる「シマノ 炎月BB」でして、ガイドがスパイラルガイドと呼ばれる一見「不良品か?」と思うような釣竿となっております。

性能としましてはものすごく「柔らかい」ですので、魚の「アタリ」を取りやすい釣竿となっております。

もし船釣りとしての「最初の一本」をチョイスするのであればこの「炎月BB」は私個人としては推せます。

お値段は大体「1万5千円」くらいになります。

リール

続いてが「リール」です。

こちらのリールは上の「炎月」と同じ「シマノ」が作った「ゲンプウ」となります。

こちらのリールはリーズナブルな価格で、性能もそこそこ良いのも特徴です。

初心者さんが最初に手に取るリールとしてはお値段も手頃ですし、ハードルは低いと思われます。

値段は大体「6000円」です。

ライフジャケット

続いてが「ライフジャケット」です。

船釣りは「沖」に出る+車みたいなシートベルトがないため、下手をすると船から放り出されるリスクも孕んでおり、下手をすると「命を落とす」可能性もあります。

そのリスクを少しでも減らすために「ライフジャケット」は「必ず」着用してください。

着用が嫌だ!!と言う方は船屋から「乗船拒否」が出て釣りができなくなります。

重り

続いてが「重り」です。

重りは釣りをするのには必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

なぜなら、釣り針と釣糸だけですと高確率で「ぷかぷか浮かぶ」、「狙った深さまで仕掛けを落とせない」デメリットが存在します。

なぜなら、釣り針と釣糸だけですと高確率で「ぷかぷか浮かぶ」、「狙った深さまで仕掛けを落とせない」デメリットが存在します。

船釣りは浅くても大体4m、めっちゃ深くて200mとなっております。

流石に初心者がいきなり「200m」の水深を狙った釣りはハードルが高いですので、まずはなるべく「浅目」のエリアまたは前述の「半日アジ」が良いでしょう。

酔い止め薬

続いてが「酔い止め薬」です。

船酔いに強い人にとっては不要なものですが、「船釣り」をしたいが「船酔い」しやすい体質の方は必須アイテムとなっております。

現に私も「船釣り」いく際は必ず「酔い止め薬」を服用しておりますので。

クーラーボックス

そして最後にですが「クーラーボックス」です。

クーラーボックスは釣った魚を「お持ち帰り」するのには必須のアイテムとなっております。

それに加え、飲み物や食料を入れるのにも重宝するアイテムとなります。

さらに言うと、誰かが海に放り出された際、クーラーボックスを海に投げ込めばちょっとした浮き袋がわりになります。

ですので、クーラーボックスは必要な道具との一つと言えます。

もしクーラーボックスにこだわりを持って買いたいのであればメーカーであれば「ダイワ・シマノ」のクーラーボックスをお勧めします。

以上で必要なものの紹介を終了します。

まとめ

さて、最後にまとめですが

船釣りをおすすめできる方は以下の通りになります。
  • とにかく魚を釣りたい
  • 大物を狙いたい
  • 美味しい魚を釣って食べたい
となります。
逆におすすめできない方は
  • 釣るだけでいいや
  • 釣り以外色々としたい
  • とにかく歩き回りたい
となります。
そして、船釣りいくときに用意しておけばいいアイテムが
  • お金
  • 釣竿
  • リール
  • ライフジャケット
  • 重り
  • 酔い止め薬
  • クーラーボックス
となります。
船釣りは初心者でも楽しめる釣りでもありますが、その分命を失うリスクが高い釣りでもあります。
もし、このブログを見て「船釣り」やってみたいなぁ・・・と思う方は是非神奈川県にある「一ノ瀬丸」「山下丸」等に訪れてみてください。

今はコロナ禍ですが、良い釣りライフをお送りしましょう。

次回は「船釣りに潜む危険性」についてお話しします。

ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。
  • おすすめの投稿がありません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です