HG

【黒いガンダム】HG 1/144ガンダムMk-2【作ってみた】

こんにちはー!!くまでーす!!本日紹介するのは・・・これだ!!「HG1/144 ガンダム Mk-2ティターンズ仕様」です!!価格は1650円です。

 はい、こちらのガンダムは「機動戦士Ζガンダム」に登場するモビルスーツでして、史上初の「黒いガンダム」として一世を風靡したガンダムでございます。なお、この黒いガンダムmk-2ですが、出番がめっちゃ少ないです。Ζガンダムの大体6話あたりまでしか出てこなくて、それ以降は四肢と頭部を白く染めた「エゥーゴ仕様」がメインとなって出てきます。

機体のスペックはこんな感じになっております。

  • 型式番号 RX-178
  • 全長 18.5m
  • 本体重量 33.4t
  • 全重量 54.1t
  • 武装 バルカン・ポッド・システム
  • ビームライフル
  • ビームサーベル
  • シールド
  • ハイパーバズーカ

では早速レビューにいきましょう。

プロポーション及び稼働範囲

まずは前から。見ての通り全身真っ黒ですね。そして至ってシンプルに。

後ろから。何かしらの哀愁を感じます。

頭部及び胸部のアップです。肝心の顔がピンボケしておりますが、かっこいい顔ですね。

続いては稼働範囲です。まずは上半身から。こちらは前回組んだ「ガンダム」と比較すると控えめですが、まぁま動きます。

下半身の部分はわかりづらいですが、膝の部分が深く折り曲げることができません。

フル装備を前から。

続いて後ろから。

軽ーくアクショーン。出撃してビームライフルを打つイメージで。

回し蹴りのイメージで。なお本来はエゥーゴカラーが正しいのですが同じガンダムMk-2ですので許してください!!

バズーカを構えて。

もういっちょ!!

打ち終えたイメージで。

そして、シールドですが、こちらは差し替えとして・・・

このように折り畳むことができます。

そしてまた頭部のアップですが、この状態ですと上半身の稼働範囲が狭まります。もし上半身を使って動かしたいのであれば取り外して動かす事を推奨します。

おまけとして解説点

 最後に、おまけとしまして前回のガンダムにどのように加工したかをこちらで解説します。

まずはこちらの画像ですが・・・

こちらと

こちらですが一見変わりないように見えますが横から見ると・・・

見てわかりづらいと思いますが、角のところに何か出っ張りあるのが見えますよね。それは「フラッグ」と呼ばれまして、玩具の安全策としてあえてつけられております。そもそもこのキットは対象年齢が8歳となっておりますので正直この部分は「仕方ないな」と言う気持ちであります。

続いてがこちらの画像ですが、左側何か不自然な点がありませんか?これは、フロントスカートアーマーの部分が「一体化」されておりまして、右側のマーク2は独立して動くように「改造」を施しました。今更この場で言うのもなんですけど、今後HGのレビューする際は「あ、このような加工をしてるんだ」と言う認識で見ていただいてくれると嬉しいです。ではなぜ前回の「ガンダム」でやらなかったのかと言いますと、単純に「買えなかった」からです。

と言うわけで今回のガンダムマーク2のレビューはいかがだったでしょうか?もし今後「マーク2が欲しいな・・・けどどうなんだろう」と思った方の参考になれば嬉しいです。それでは次の記事でお会いしましょう!!ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。