ガンプラ

ガンプラ初心者におすすめのガンプラ

 こんにちはー!!くまでーす!!

さて、今回お話しすることは「ガンプラ初心者におすすめのガンプラ」は何かについてお話しします。

今回はこのような方達に向けてお話しします。

  • ガンプラって言っても最初何から作れば良いかわからない。
  • HG?MG?RG?なんだそれ?違いはなんなんだ?

それではそれぞれを深掘りしていきましょう。

ガンプラって言っても最初何から作れば良いかわからない

はい、まず初心者さんが一番初めに作った方がいいガンプラは、ズバリ・・・「HG」です。

 理由としては「初心者でも作りやすい」「ガンプラのスタンダートなサイズである」「経済的にも比較的優しい(一部除く)」という観点からみて、初心者は「とりあえず」HGから始めることをお勧めします。

 その中でもおすすめのキットでしたら「リバイブ版ガンダム」や「ダブルオーガンダム」と言ったキットを私はお勧めします。

 え?ニッパーがない?そんな貴方には「BB戦士」「ハロプラ」を作りましょう。

「BB戦士」「ハロプラ」はニッパーいらずの「タッチゲート方式」で基本的に手でパーツをもぎ取ります。

「パーツ痛めそうなんだけど大丈夫?」という声が聞こえてきますがご安心ください。タッチゲートはパーツを「痛めない」感じに作られておりますので安心して作ることができます。

HG?MG?RG?なんだそれ?違いはなんなんだ?

HG・MG・RGについてですが、「こちら」にて触れております。

ですが、改めて語らせていただきます。

まず「HG」はハイグレードで、ガンプラは基本的に1/144スケールですが、近年は「マジンガーΖ」「ゲッターロボ」「ゴウザウラー」も取り扱われており、前者二つはガンダムと同じですが、ゴウザウラーのみ1/300となっております。

 そしてマジンガー・ゲッターは対象年齢が15歳以上と上がっておりますので、小さいお子さんがいる家庭では誤飲にご注意ください。

そして「ゴウザウラー」は、マグナザウラー・グランザウラーを集めるとなんと・・・全長26センチにもなる「キングゴウザウラー」に合体します。

もちろん、ゴウザウラー単体でもそう言った遊びは可能です。

そして、MGですが、正式名称マスターグレードで、ガンプラのみですと1/100、その他作品も売っておりまして、例として「ダンバイン」は1/35スケールとなっております。

最後にRGは、正式名称リアルグレードで、発足したのは今から10年前の2010年となります。

そして一番最初に出たのが「ガンダム」なのですが、こちらのガンダムは「アニメ」のガンダムではなくかつてあった「お台場ガンダム」をそのまま1/144に縮尺したプラモデルとなっております。

そして、去年までは基本的にガンダムのみでしたが、今年に入り新たに「エヴァンゲリオン」がラインナップとして追加されました。

 そして、それぞれの違いは「パーツ数が多いか少ないか」「大きいか小さいか」になります。

 組み応えのあるキットを作りたいのであればMGかRGを、サクッと作りたいのであればHGをお勧めします。

以上で今回の記事は終了とさせていただきます。

ガンプラには様々なキットが存在します。

私が一概に「これをお勧めします」とは言えません。

なぜなら、私は「貴方の選んだガンプラ」を楽しく作って欲しいからです。

それではまた次の記事でお会いしましょう。ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。