雑記みたいなもの

旅行!!Part2

 こんにちはー!!くまでーす!!本日の記事は前回の続きとなります。

前回の読んでないよって方はこちらからどうぞ。

それでは行ってみましょう。

大内宿

 旅行二日目に訪れたのは「大内宿」と呼ばれる場所です。

 しばらく歩くと田んぼがお出迎えします。

この時期はちょうど収穫時期ですので新米とかが美味しそうですね。

 そして大内宿の代名詞といえば「からぶき屋根」です。

昔ながらの住居っていいですよね・・・

 水路が所々あって澄んでて綺麗でした。

この水は飲めるかどうかわからないのですが、手足を入れるとものすごく冷たかったです。

 真夏の暑い日とかでしたら最高に気持ちいいでしょうね。

 そしてカエルの石像がありました。

この先にあるのは「酒造庫」でして、そこの「酒造庫」では、大内宿で採れたお米と水を使い「日本酒」を製造しております。

 土日ということもあってかコロナ禍にも関わらず観光客がおりました。

現在「コロナ禍」ですので自粛したりするのも大事ですが、ずっと自粛は正直「いかがなもの」かと私は思います。

 そもそもですが、私は「コロナ」であるからこそ、Gotoトラベルを使い旅行すべきだと考えております。

 売店がいくつもあり、地元名産の様々な商品がありました。

空とからぶき屋根のコラボレーションが最高です。

 こちらもこちらで昔を思い出す建物です。

 売店の中には「蜂蜜」の試食もありました。

私は「柿」をチョイスし、食べました。

感想としては「市販の蜂蜜」より美味しかったです。

 そして、ここの階段を登ると・・・

大内宿を一望できるではないですか!!

 そしてもう一つ階段の画像を。

個人的にこういうローアングル画像気に入ってます。

そして最後に蕎麦の花です。

以上で「大内宿」巡りは終了です。

お菓子の城

 続いて向かったのが「お菓子の城」です。

こちらは写真を撮り忘れてしまいました。誠に申し訳ございません。

 ここはどう言ったところかと言いますと、バウムクーヘンをはじめとした「お菓子」を「自社製造」し、販売してる直営店となります。

 売ってるお菓子は、バウムクーヘンやクッキー、パイと言ったスタンダートなお菓子から、「和風スフレ」のような変わったお菓子も取り扱っております。

そして、販売店の裏側ではなんと、「お菓子の製造過程」をみれる場所がございます。

 もし「お菓子の製造過程」にご興味のある方はいらしてみてはいかがでしょうか。

南が丘牧場Part2

 そして、最後に訪れたのが「南が丘牧場」です。こちらはPart1で訪れた「南が丘牧場」とはまた別の南が丘牧場となります。

 具体的な違いとしては、まず、「場所が違う」という点です。

Part1で訪れた「南が丘牧場」は「福島県」にありまして、今回訪れた「南が丘牧場」は「栃木県」でございます。

 次に違う点は「アクティビティ」ですね。

「福島県」の南が丘牧場は、動物の餌やり体験、乗馬、ロバ乗り(6歳まで)、パターゴルフ、アーチェリーがございますが「栃木県」のはそれらに加え「釣り」も体験できるのも魅力的です。

 栃木版は生憎の雨で画像はあまり撮れなかったのですがかろうじて撮れたのが・・・

ニジマスの群れと・・・

 でかいニジマス(推定約70cm)

 チョウザメとでかいニジマス(またニジマスかよ)

ニジマスの群れ(またニジマs以下略)

そこそこ大きいニジマス(またニj以下略)

ニジマスの魚群(まt以下略)

となります。

 本当でしたら「ヤギ・羊」をはじめとした動物を撮りたかったのですが天気が雨だったこともあり、ほとんどの動物たちは小屋に入ってました。

そして私個人的に思ったのが、画像のニジマスにルアーを投げたら即食いついていいファイトができそうな気がします。(※フィッシングターゲットではないので実際にやってはいけません。)

そして、最後になりましたが、今回お世話になったホテルは「東山パークホテル新風月」となります。

こちらの旅館は食事はバイキングスタイルでして、温泉はいい感じのお風呂でした。

 最後に今回の旅行の総評ですが・・・「行って良かった」と「栃木でヤギに会えなかった」というところですね。

以上でこの記事を〆させていただきます。今回の記事が面白かった、参考になった、もっとこうしたほうがいいと思った方は是非コメント欄に一言くださると嬉しいです。

あと、私はTwitterとLINE公式を運営しております。もしよろしかったら登録をお願いします。

それでは次の記事でお会いしましょう。ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。