ゲーム

【ARK】ザ・馬【エクウス】

こんにちはー!!くまでーす!!

さて、今回取り上げる生物は「エクウス」です。

この記事を読むと

  • エクウスってどんな生物だ・・・?
  • エクウスにはどんな性能があるんだろう・・・

こういった疑問に全力でお答えします。

それでは早速行ってみましょう。

エクウスとは

さて、エクウスですが、結論から言いますと「馬」です。

厳密には「馬」「ロバ」と言った動物の総称です。

ですので、今回は「馬」の解説をウィキペディアからの引用で解説します。

ウマ、学名: Equus ferus caballus)は、ウマ目(奇蹄目)のウマ科ノウマ(英語版)Equus ferus)の亜種である。

社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。北アメリカ大陸原産とされるが、北米の野生種は、数千年前に絶滅している。欧州南東部にいたターパンが家畜化したという説もある。古くから中央アジア、中東、北アフリカなどで家畜として飼われた歴史がある。

運搬用(「荷役馬」)、農耕(「農耕馬」)、乗用(「乗用馬」)、軍用(「軍用馬」「騎馬」)、競技用(「競技馬」)などに使われるほか、食用(「食用馬」)にもされる。

学名は Equus caballus(エクゥウス・カバッルス)。equuscaballus ともにラテン語で「馬」の意。

だいたいエクウスこと「馬」についてはこんな感じです。

そして、馬ですが、人間が家畜化したきっかけとしては最初から「乗馬」目的ではなく、なんと「食肉用」として用いるために「牛・豚・ニワトリ」と同等の扱いで家畜化されたのですが、ある人が馬に乗ったら「めっちゃ早く走れるやん!!」と気づき、馬は後の時代では様々な場面で人類をサポートしてきました。

それ故に「競馬」という競技も作られてきました。

ARKでは

そんなエクウスですが、ARKでは主に草原にいます。

そして、「シマウマ」のようなカラーリングを持っております。

あと、後述するのですが「サドルなしで騎乗可能」な動物となっております。

「メリット」「デメリット」それぞれ見ていきましょう。

まずはメリットからです。

メリット

さて、そんな「エクウス」のメリットですが、なんと、「サドルなしで騎乗ができる優秀な動物」です。

実際にサドル無しで騎乗した画像となります。

どのように優秀かといいますと、足は早くはないけどティラノだったら余裕で振り切れるぐらいのスピードと、「アルゲンタヴィス」に匹敵するほどのスタミナを誇っております。

そして、何より「名前付けが楽しい」これに尽きます。

なぜなら「エクウス」は馬で、馬といえば「競馬」、競馬ときたら「競走馬」となります。

ですので、もし、「エクウス」をテイムするのであれば

  • ゴールドシップ
  • ディープインパクト
  • ハルウララ
  • トウカイテイオー
  • メジロマックイーン
  • サイレンススズカ

等と言ったウマ娘よろしく歴戦の競走馬の名前をつけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

騎乗した状態で武器が使えるのは大きな魅力です。

また、エクウスは「馬」ですのでキブル以外にも馬らしくニンジンを用意さえすれば手軽に、サクッとテイム出来るのも魅力的です。

そして、エクウスのテイム方法ですが、「手渡しテイム」ですけどめちゃくちゃ厄介なことに人間が野生のエクウスに近づいたらエクウスは一目散に逃げてしまい、あっという間にどこかに行ってしまいます。

そのため、テイムするなら「全身ギリー装備」が望ましいでしょう。

そして、近づいて餌を渡したら、即「騎乗」してください。

なぜならエクウスの場合は「騎乗しないとテイムが始まらない仕様」ですので。

そして、エクウステイムのときは周囲の安全を「絶対に」確認してから行ってください。

なお、テイム後はそのまま騎乗した状態になりますので、付近に「肉食動物」がいたらすぐに逃げるのがいいでしょう。

特殊ボタンを押すと盛大にリアリングして嘶きます。

そして、サドルを付けた後のエクウスですが、生きた「すり鉢とすりこぎ」となりますので、移動しながら「麻酔薬」を作ったりなどが出来ます。

また、エクウスのインベントリ内でしか作ることが出来ないエングラムとして「投げ縄」が存在します。

投げ縄はエクウスに騎乗した状態のみで使えるエングラムでして、性能としてはフィオミアクラスの動物を引っ掛けて引っ張ることが出来ます。

また、マルチでプレイしている場合でしたら、対戦相手を投げ縄でとっ捕まえるということも可能となります。

また、超低確率ですが「ユニコーン」が混ざってポップしますので、出会ったらテイムをしてみてはいかがでしょうか。

こちらがユニコーンとなります。見つけたらラッキーですのでテイムチャレンジしてみて下さい。

テイム時に有効な餌ですが、基本的に「キブル」が有効的ですけど、馬なので「ニンジン」がそれ相応の働きを見せます。

デメリット

さて、さんざん褒め倒したエクウスですがデメリットとしては「テイム中に肉食に襲われエクウスともども食われる」ということでしょう。

エクウスのテイムは、「騎乗して餌を与える」仕様となっており、その際コントロールが一切効かない状態となっております。

そのためエクウスがひたすら突っ走っている眼の前に「ティラノ」や「ギガノト」がいたら即パックンチョされてしまいます。

これは先述の「ユニコーン」も該当しますので、テイム時はご注意ください。

ユニコーンについて

さて、エクウスは馬ですので幻獣「ユニコーン」も湧きますが、ユニコーンは、エクウスの1体のなかからランダムで差し替わる形で湧きますのである意味「レア生物」と言っても過言ではありません。

そしてブリーディングについてですが、ユニコーンとエクウスは同じかと思いきや「別種類」と認知されておりますので、ブリーディングをするならユニコーンの「オスメス」を揃える必要が出てきます。

更に厄介なことにユニコーンは各マップに1体「のみ」しか湧かない仕様となっておりますので、ブリーディングをするとなると相当骨が折れます。

ですので、テイムできたらラッキーという認識で行きましょう。

ユニコーンについては以上となります。

まとめ

まとめに入りましょう。

エクウスは、サドル無しで騎乗が可能な生物に加え、サドルをつけると「すりばちとすりこぎ」機能がつく動物だということがわかりました。

また、幻獣「ユニコーン」がランダムで湧くこともわかりました。

もし、まだ序盤で「スタミナのあるペットほしい」と思った際、テイムの方をご検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、次の記事でお会いしましょう、ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。