ARK

【ARK】こんなにいるの!?【全亜種紹介】

こんにちはー!!くまでーす!!

今回はちょっとしたまとめで、現在ARKに存在するすべての亜種を紹介します。

この記事を読めば

  • 今のARKの亜種はこんなにいるのか・・・

と言ったことや

  • 亜種間同士の交配ってできるの?できないの?

と言った疑問が解決するでしょう。

それでは本題に入ります。

原種

まずは原種です。

原種はいわゆるプレーンな種類となり、後に紹介する亜種生物の基礎となります。

レベル上限は基本150で、色のバリエーションが豊かです。

今回はアルゲンタヴィスに出てもらいました。

変種

続いてが変種です。

変種は有料マップ「アベレーション」から登場した亜種生物となります。

モデルは「ドエディクルス」に出てもらいました。

大きな特徴としましては1つ目が「体が発光する」こと、もう一つが原種と比較すると「HPが4%低く設定され、攻撃力が6%増し」になったことでしょう。

上記で体が発行すると言いましたが「体のどこが発光してるのさ」と言いたくなりますが、昼間ですと

このようにパット見は「どっちも同じじゃん!!」と言いたくなりますが夜になりますと・・・

見づらいですが、隣に原種のドエディクルスがいます。

このように体から光を発します。

これは変種のみが持つ特徴でして、更に加えて飛行生物の変種が一切おりません。

他の特徴としましては、アベレーションでは一部「放射能」エリアがあり、そこに通常種を置けばしばらくして放射能ダメージでお亡くなりになります。

X種

続いてがX種です。

X種は有料DLC「ジェネシスPART1」に登場した生物となります。

原種との違いは「HPが原種と比較すると3%低く、攻撃力が5%高く」設定されております。

そちらの設定は後に説明する「R種」とも共通するところです。

外見の特徴としましては、住んでいた地域と同化するようになったり、体に模様が浮き出ます。

今回紹介させていただいている「アンキロサウルス」は体が赤く光っており、いかにも「火山育ち」ということがわかります。

こちらのX種はアイランドから出てくる動物以外にスコーチドアースから1種類ピックアップされているのが特徴です。

原種代表で出たアルゲンタヴィスもX種が存在しておりますが、そちらの見た目はまさに「全体的に白い鷲」を彷彿とさせます。

原種のアンキロサウルスと並べるとX種は体の所々に「マグマが出ている」ような形となります。

R種

続いてが「R種」です。

R種は有料マップ「ジェネシスPART2」から登場した亜種となります。

こちらの生物の特徴はX種と同じく「HPが原種と比較すると3%低く、攻撃力が5%高く」設定されておりまして、加えて、体があたかも部族が描いた模様を持っているのが特徴です。

今回紹介させていただいている「ユキフクロウ」には上記のような特徴が見当たらないものの、原種と比較すると頭部が「より濃い青」になっております。

少々分かりづらいですが触覚?みたいな部分をよく見ると色が違います。

 

他にもR種はユキフクロウを始めとした「エクスティンクション」から登場した生物、「アベレーション」から1種類出てきております。

TEK種

最後に「TEK種」です。

TEK種は上記の亜種とは違い、結構昔から出ていた亜種となります。

今回は「ステゴサウルス」に出演させていただきました。

TEK種は見た目が完全に「機械」となっており、レベル上限はなんと「180」と高く設定されております。

更に加えて出現数もかなり低くなっており、アイランド産の生物の通常種・変種・X種・R種に混じってスポーンする仕様となっており、全生物でもトップレアとなります。

TEK種は主にアイランドから出てくる動物で

  • パラサウロロフス
  • ユタラプトル
  • ステゴサウルス
  • ティラノサウルス
  • ケツァルコアトルス
  • トリケラトプス(ジェネシス1限定)

の中でトリケラトプスを除いて全マップで極稀に出現します。

ステータス・性能面では原種と大差ないですが、極稀にスポーンすること、野生の最高レベルが180であること、レアであることから、レア種(特にケツァルコアトルス)はかなりの争奪戦が予想されます。

交配について

以上で全5種類の亜種について説明しました。

ここまで来て「あれ?亜種とはいえど同じ種類の動物なら交配いけんじゃね?」とお思いですが、残念ながら亜種間同士の交配は不可能となっております。

その証拠にこちらのドエディクルス(通常種メス・変種オス)ですが、まずメイトブーストが発生しておりません。

加えて、双方を交配モードにすると

このように交配が全く進みません。

ですので、仮に違う種同士の番をテイムしても交配は不可能となりますので、原種なら原種、変種なら変種、X種ならX種、R種ならR種、TEK種ならTEK種の番をそれぞれ用意する必要があります。

まとめ

まとめに入りましょう。

ARKに存在する亜種は全部で5種類いることがわかりました。

その内訳としては

  • 原種
  • 変種
  • X種
  • R種
  • TEK種

で、原種以外の生物の特徴を上げると

  • 変種は体が発光
  • X種は環境に合わせた体色
  • R種は部族が書いたような模様がある
  • TEK種は見た目が機械

が挙げられます。

他には、異種間同士の交配は不可能ということもわかりました。

今回の記事は以上となります。

また、次の記事でお会いしましょう、ではまた!!

ABOUT ME
Avatar photo
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。
ブログの通知を受け取るならこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。