ウマ娘

【競馬】G17勝した競走馬一覧【世代順に紹介】

こんにちはー!!くまでーす!!

さて、今回は今まで当ブログで執筆した競走馬で「G17勝」をした競走馬をピックアップして紹介します。

紹介する順番は上から現役時代が古い順となっております。

それでは早速行ってみましょう。

シンボリルドルフ(1983〜1986・獲得賞金6億8482万4200円)

まずは、シンボリルドルフです。

シンボリルドルフは史上初の「無敗クラシック三冠馬」にして史上初のG17勝を掲げた競走馬となります。

G1の勝鞍としては

  • クラシック三冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)
  • 有馬記念2連覇
  • ジャパンカップ
  • 天皇賞春

となっております。

シンボリルドルフについて詳しく知りたい方はこちら。

【ウマ娘】3度の敗北を語りたい皇帝【シンボリルドルフ】こんにちはー!!くまでーす!! さて、今回は皇帝と言われた「シンボリルドルフ」をテーマにした記事です。 この記事を読むことに...

テイエムオペラオー(1998〜2002・獲得賞金18億3518万9000円)

続いてがテイエムオペラオーです。

テイエムオペラオーは、二つ名に「世紀末覇王」とつくほどのすごい競走馬であり、2000年はまさに「テイエムオペラオーのための時代」と言っても過言ではなく、「世紀末覇王」の二つ名にふさわしい競走馬です。

G1の勝鞍としては

  • 皐月賞
  • 天皇賞春2連覇
  • 宝塚記念
  • 天皇賞秋
  • ジャパンカップ
  • 有馬記念

となっております。

そして、テイエムオペラオーはシンボリルドルフ以来のG17勝馬としても有名な競走馬です。

テイエムオペラオーについて詳しく知りたい方はこちら。

【ウマ娘】グランドスラムをした世紀末覇王【テイエムオペラオー】こんにちはー!!くまでーす!! さて、今回は「テイエムオペラオー」について紹介します。 この記事を読むことによって ...

ディープインパクト(2004〜2006・獲得賞金14億5455万1000円)

続いてがディープインパクトです。

ディープインパクトはシンボリルドルフ以来「無敗クラシック三冠」を達成し、更にはG1をも7勝してる競走馬であり、最強候補の一角の競走馬でもあります。

また、ディープインパクト産駒の「コントレイル」が2020年に無敗クラシック三冠を達成したことにより史上初の「無敗クラシック三冠親子制覇」を達成した競走馬であります。

G1の勝鞍としては

  • クラシック三冠(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)
  • 天皇賞春
  • 宝塚記念
  • ジャパンカップ
  • 有馬記念

となっております。

書いてて思ったのですが、以外にもディープインパクトはG1を連覇したレースが無いということが私自身びっくりしてます。

ディープインパクトについて詳しく知りたい方はこちら。

【競馬】敗北数はたったの2回【ディープインパクト】こんにちはー!!くまでーす!! さて、今回紹介するのは「ディープインパクト」です。 この記事を読むことによって デ...

ウオッカ(2006〜2010・獲得賞金13億3356万5800円)

続いてがウオッカです。

ウオッカは当ブログにて唯一「牝馬」でG17勝を達成した競走馬であります。(シンボリルドルフ・テイエムオペラオー・ディープインパクト・後述するキタサンブラックは全員牡馬です。)

ウオッカが現役の時は、ダイワスカーレットとの「牝馬2強」の時代でありました。

そして、ウオッカは64年ぶりの「牝馬による日本ダービー制覇」という伝説を成し遂げました。

G1の勝鞍ですが

  • 阪神JF
  • 日本ダービー
  • 安田記念2連覇
  • 天皇賞秋
  • ヴィクトリアマイル
  • ジャパンカップ

となっております。

ウオッカについて詳しく知りたい方はこちら。

【ウマ娘】牝馬にしてG17勝を掲げた【ウオッカ】こんにちはー!!くまでーす!! さて、今回は「ウオッカ」について取り上げてみます。 この記事を読むことによって ウ...

キタサンブラック(2015〜2018・獲得賞金18億7684万3000円)

さて、最後に紹介するのがキタサンブラックです。

キタサンブラックは演歌歌手である「北島三郎」さんが馬主であることが有名であることに加え、血統としてはディープインパクトの「甥っ子」となる存在でもあります。(キタサンブラックの父親であるブラックタイドはディープインパクトの全兄に当たります。)

G1の勝鞍ですが

  • 菊花賞
  • 天皇賞春2連覇
  • ジャパンカップ
  • 大阪杯
  • 天皇賞秋
  • 有馬記念

となっております。

なお、余談ですが、実はキタサンブラックは母父である「サクラバクシンオー」の影響で当初は「スプリンター向け」かと陣営が思っていたのですが実は「バリバリのステイヤーだった」という伝説があります。

キタサンブラックについて詳しく知りたい方はこちら。

【ウマ娘】あの大物演歌歌手が馬主!!【キタサンブラック】こんにちはー!!くまでーす!! さて、今回は「キタサンブラック」について深堀りさせていただきます。 今回の記事を読むことによ...

まとめ

まとめに入りましょう。

現状、当ブログで執筆した「G17勝馬」は5頭いることが分かり、どの馬も非常に魅力的な馬ということが分かりました。

そして、競走馬1頭1頭にドラマがあるということも分かり、連覇している馬もいれば堅実に各G1を優勝している馬がいることも分かりました。

今回は以上になります。

それでは、次の記事でお会いしましょう、ではまた!!

ABOUT ME
くま
こんにちは。こちらではガンプラや書籍、ガジェット、ゲームの攻略情報を紹介します。
  • おすすめの投稿がありません
Amazon